基本は挨拶、何故?

求人ブログネタ

「おはようございます!」「お疲れさまです!」と明るく挨拶したら、無視したり、「あ、はい…」と返してくる方がいます。

そんなことをされると、その方には話しかけるのが難しくなってしまいます。

だって、次に話しかけても、また「あっ、はい…」みたいな感じで返されるかもしれませんし、無視されるかもしれません。

それは恐怖でしかないんです。

日常で挨拶をしない人は、人から話しかけられる回数が減ります。

そしたらどうなるかと言うと、外部から入ってくる情報量が少なくなります。

そういう人が情報を仕入れるためには、自分から取りに行くしかありません。

何でも調べられる時代ですが、自分が見つけたり気になったりする情報しか得られません。

結果的に、情報に偏りが生まれます。

つまり「挨拶をしない人」って、性格が悪いとかじゃなく、シンプルに頭が悪くなるんですね。

外部から情報が入る可能性を勝手に潰しているので、損をしてしまっています。

情報が入る入口を自分でシャットアウトしてしまっているんです。

挨拶って結局のところ、「あなたのことを受け入れますよ」って合図なんです。

思考の選択肢の幅が広くなって、新しいチャレンジができるんです。

挨拶をしないと話しかけられる回数が減って、情報が偏って頭が悪くなるので、挨拶はしたほうがいいよ!ということです。

以上、キングコング西野さんより抜粋させて頂きました。

僕も昔はコミュ障で、会話とかもあまり得意ではなく、

交遊関係もとても狭い範囲、限られた友達、自分にとって楽な仲間たちだけでした。

本当の友達だけしか要らないと、いかにもな理由づけしていました。

でも社会に出ると否応なしにコミュニケーションが必要になります。

いろんな人との出会いや、経験を積むと

どうして今までいろんな人と話してこなかったのだろうと、

表面上の付き合いでも、会話する努力、友達と会話する努力を怠ってきたのだろうと、

仕事に影響が出るレベルでそれを感じることになります。

あなたは、元々挨拶をしっかりできている方でしょうか?

気づいて努力している最中の方でしょうか?

意味が解らないし、自分には関係ないと気づいてもいない方でしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました